【INAX】富士住建の標準トイレを正直にレビューしてみる

2022年1月30日

こんにちは。2019年に富士住建でマイホームを建てたモンチ(@monchi_fuji)です。

今回はWeb内覧会の一環として、我が家のトイレをご紹介したいと思います^^

富士住建の場合はINAXTOTOのトイレが標準で選べますが、我が家はINAXのトイレを選びました。

因みにINAXのトイレを検索すると、『LIXIL』のトイレが出てくることがあって混乱することがあるのですが。

INAXと他の何社かが統合してLIXILという会社になったという経緯らしく、現在は『LIXILという会社の中のINAXというブランド』という位置づけになるようです。

ややこしいですね^^;

INAXを選んだ理由

実はINAXとTOTOのトイレについては、比較サイトをいろいろと調べてみたのですが、どちらも技術力が素晴らしく、我が家では結局あまり差がないんじゃないか?という結論に至りました。

なのでそこまでこだわりをもって選んだわけではないですが、便器の新品のツルツルが100年続く!という謳い文句にひかれてINAXにしてみました。

(INAXとTOTOをどちらも使っているお宅で、INAXの方が若干汚れがつきにくいというレビューを目にしたこともあり・・・。)

1階トイレ

では早速、1階のトイレをご紹介していきたいと思います。

1階のトイレは、『サティス』というタンクレストイレです。

富士住建の注文住宅の1階のINAXのトイレ

写真に映っている照明や手すり、リモコンやトイレットペーパーホルダーなどは標準ですが、手洗い器はオプションでつけました。

約10万円くらいでしたね。

あと、黒色の壁紙(アクセントクロス)も、約3千円のオプション料金がかかりました。

サティスの特徴

トイレの性能で1番気になることといえば、やっぱり『汚れにくさ』ではないでしょうか?

毎日使うトイレは可能な限り清潔に保っておきたいですよね。

INAXのトイレ(サティス)は、アクアセラミックという技術を採用しており、水アカや汚物汚れが非常につきにくくなっています。

そして先述した通り、新品のピカピカが100年も続くということです。

まだ使い始めて2年ですが、確かに黒ずみなど汚れは全然見えず、きれいな状態を維持していますね。

ちなみに便器の周りはフチレス形状になっているので、お掃除がしやすいというのも特徴です。

INAXのトイレ(サティス)のフチレス形状の便器

さらに、便器のフタとの境目が、ボタン1つで電動でリフトアップする機能もついています。

INAXのトイレ(サティス)のお掃除リフトアップ機能

奥まで掃除が行き届いて便利ですね。

嬉しい機能あれこれ

さて、サティスはお掃除のしやすさ以外に、便利な機能がいろいろついています。

使う時は自動でフタを開閉してくれますし、使用後は水も自動で流してくれます

(もちろん、シャワートイレ(ウォシュレット)や便座の温め機能など、基本的な機能もついています!)

そしてお客さんに驚かれるのが、トイレを使おうとすると自動で音楽が流れること(笑)

トイレに近づくと、リラックスできるクラシック音楽がやんわりと流れてくるのです。

ちなみに音楽はいろいろなパターンがリモコンで選べて、設定でOFFにすることもできます。

(リモコンのデザインも気に入っています↓↓)

INAXのトイレのリモコン

2階のトイレ

では次に2階のトイレを見てみましょう。

2階のトイレはINAXの『ベーシア』というトイレが標準でついてきました。

自動でフタを開閉したり、水を流してくれたりする機能はないですが、シャワートイレ(ウォシュレット)や便座の温めなど基本的な機能はついているので十分だと感じます。

富士住建の注文住宅の2階のINAXのトイレ

因みに2階のトイレでかかったオプション費用は、緑色っぽいアクセントクロス(¥2,300程度)くらいです。

また写真には映っていないですが、照明はセンサー付きのLEDライトを搭載しています(←標準仕様)。

夜トイレに行った時などは、自動で点灯・消灯してくれて便利です。

ちょっとした不満

2階のトイレはタンクレスではなく、手洗いが本体についています。

しかしこの手洗いが使いづらい

なぜかというと、便器のフタを開けた状態だと、見事なまでにフタの裏に手洗いが隠れちゃうんですよね。

ベーシアのトイレのフタの裏に隠れた手洗い

フタを閉めてから手を洗いなさいということなんだと解釈していますが^^;

ここはなんとかならなかったのかなぁとモヤモヤしています。

ただ、富士住建の場合は2階の洗面台も標準装備になっていて、我が家はトイレの真横に洗面台を設置しています。

富士住建の注文住宅のトイレと洗面台

なので、洗面台の方で手を洗うという回避策は使えています。

トイレの広さはどれくらい必要か?

ところで、トイレの広さはどれくらい必要なんでしょうね?

実は我が家のトイレは1階と2階で、広さが違います。

1階は約1畳分を確保することができました(1階の間取り図↓↓)。

富士住建の注文住宅の1階のトイレの間取り

しかし2階は約0.75畳分のスペースしか確保できませんでした(2階の間取り図↓↓)

富士住建の注文住宅の2階のトイレの間取り

所感としては、もし確保できるなら1畳分のスペースはやっぱりほしいという感じですね!

特に1階は。

夫氏(←かなり背が高い)に聞いたら、2階のトイレでも足がドアに当たったりはせず、すごい窮屈という感じもしないらしいですが、やっぱりちょっと狭めではあるということです。

ということで、広さに関しても皆さんの家づくりのご参考になったなら幸いです^^

富士住建のショールームへGo!

ショールームの初回来談時のアンケートで、紹介者名に『モンチ』と書いておくと、契約に至った場合に3万円分の値引きが受けられます(紹介制度について詳しく知りたい方は、コチラ)。

富士住建の紹介特典の説明

ショールームを予約する際は、ぜひご活用ください^^

富士住建のショールームを予約する

住宅メーカーの資料は一括請求できる!

住宅メーカー選びの際、いきなり住宅展示場に行ってみるのもアリですが、まずは一括資料請求サイトから各社の資料を取り寄せてみるのが効率的かと思います。

展示場に行くと、意外と1メーカーで4時間くらいかかることもあって疲れるので、我が家も資料請求してターゲットを絞ってから展示場巡りなどはしました。

一括請求サイトの中では、『タウンライフ 家づくりがけっこうオススメなので宣伝しときます↓↓^^

タウンライフ 家づくり』は掲載社数が豊富(全国600社以上)で、入力も3分程度で済みます。

大手も掲載されてるけれど、個人的にはCMなどやっていない小さな工務店の資料までゲットできたのが良かったです。

また1番嬉しいのが、パンフレット等だけでなく、間取りプラン資金計画(見積もり)まで送ってもらえるということ(100%ではありませんが)。

私が使った際は、富士住建の資料請求もすることができましたよ。

因みに私は利用していませんが、土地探しの提案もしていて、不動産屋には載っていない土地情報をゲットできることもあるようです。

ご興味あれば、皆さんもぜひ使ってみてください^^

3分で資料請求できる、タウンライフ家づくりは コチラ

無料でプラン作成を依頼する

オススメ記事

2022/6/3

富士住建のキッチンはどれが良い?3社の違いを徹底解説!

こんにちは。2019年に富士住建でマイホームを建てたモンチ(@monchi_fuji)です。 今回は、富士住建の標準仕様となっている3つのメーカーのキッチン(トクラス・クリナップ・タカラスタンダード)について、違いを徹底比較しました! トクラス・クリナップ・タカラスタンダードの特長が知りたい! それぞれのメリット・デメリットや、結局どれがオススメなのかが知りたい! という方は参考にしていただければと思います。 ※各社の仕様は毎年変わりますので、最新の情報はショールームなどでご確認くださいね! 目次富士住建 ...

ReadMore

2022/6/4

富士住建のお風呂(TOTOとトクラス)を徹底比較!どっちがオススメ?

こんにちは。2019年に富士住建でマイホームを建てたモンチ(@monchi_fuji)です。 今回は、富士住建の標準仕様となっている2つのメーカーのお風呂(TOTOとトクラス)について、違いを徹底比較しました! TOTOとトクラスの違いや、メリット・デメリットが知りたい! 選べる追加機能はどれがオススメか知りたい! という方はご参考にしていただければと思います(結論だけ知りたい方はコチラへ)。 ※標準仕様は毎年変わっていますので、最新の情報はショールームなどでご確認くださいね! 目次1.富士住建のお風呂~ ...

ReadMore

2022/2/14

富士住建の評判は?口コミと、実際に建てた感想をご紹介

こんにちは。2019年に富士住建でマイホームを建てたモンチ(@monchi_fuji)です。 富士住建といえば、関東地方で『完全フル装備の家』を展開する住宅メーカーですね。 高機能な設備が標準仕様でついてくることがウリですが、実際の評判や口コミが気になる方も多いのではないのでしょうか。 さらに、その評判や口コミがどこまで本当なのかも気になるところではないでしょうか。 ということで、今回はネット上(SNS・掲示板・ブログ)での富士住建の評判や口コミを集めて、さらにその真偽について実際に富士住建で家を建てた私 ...

ReadMore

2022/2/14

富士住建で唯一の値引き方法!紹介特典の使い方

富士住建で家を建てた方はご存知かと思いますが、富士住建では基本的に一切値引きはしません。 理由は、元々これ以上値引きできないというギリギリの価格設定で販売しているからというのと、お客さんによって差が出ないように公平性を確保するため。 確かにあたった営業さんの裁量や、お客さんの交渉力によって値引き幅が変わるのはアンフェアですよね。 しかし、そんな富士住建にも唯一の値引き方法があります。 それが、知り合いから紹介を受けるという方法。 そして実はこれ、実際の知り合いではなく、富士住建で家を建てた人のブログやSN ...

ReadMore

2022/5/3

富士住建の標準仕様を大公開〜こんなものまで付いてくる!

こんにちは。2019年に富士住建でマイホームを建てたモンチ(@monchi_fuji)です。 富士住建といえば生活に必要なあらゆる装備が標準でついてくる、『完全フル装備の家』がウリですね。 富士住建のチラシなどで見かけるのは、『100の標準仕様』という謳い文句ですが、実は住んでみるとそれ以上にいろいろな装備が備わっていると感じました。 そこで今回は実際に富士住建で建てた我が家の写真を使って、標準装備をご紹介していきたいと思います。 また逆にどんなものにオプション費用がかかったかについても解説していきますの ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
モンチ

モンチ

富士住建で完全フル装備の家を建てた2児のママ。『いいな』と思った記事をSNSで拡散していただけると、泣いて喜びます! twitter・インスタをフォローしていただけると、跳んで喜びます!(フォローするにはSNSのアイコンをタップ ↓↓↓↓↓)

-Web内覧会

© 2022 モンチの富士住建ブログ Powered by AFFINGER5